デイゴ再生プロジェクト@花と緑の石垣島~デイゴチェーンソーカービング1日目その②

今回都築氏がカービングを施すことになったデイゴの木は

登野城小学校の北面に並ぶ、デイゴの木々の1本となります。


デイゴ


端から順に枯死していったデイゴの木ですが、
樹幹注入により、食い止めることができています。

枯れた木は、生徒さんの安全に関わるため、
背丈ほどの高さで伐採されていました。

その中の東端、比較的樹幹の損傷の少ない木が
チェーンソーカービングに耐えることができました。

本日朝9時、現地到着。

突然の降雨に備えるためにテントを張り、

カービング時に出る木くずを拾うブルーシートを張ります。

DSC_0233.jpg


木に青いチョークで下絵を描きます。
立体彫像の仕組みは分かりませんが、このとき都築氏の脳裏には
この木から何が削りだされるか、めまぐるしくイメージが展開
している、のかもしれません。

DSC_0235.jpg


木を切ります。
枯れていく中ではありますが、まだ生きている木。
私たちの生活の側にある木を伐採するとき
塩を盛る、清酒で清める、など、今でも実際に行われています。
それは木に精霊が宿るという、
日本の文化に則するものかもしれません。
都築氏は両手を合わせカービングに臨みました。

そういえば、私が下宿していた家の裏庭の木を切ったときも
清酒で清め塩をまいてから切るということをしていました。

DSC_0236.jpg


本日のカービングに誘っていただきました、
デイゴ再生プロジェクトの皆様も開始を見守ります。
本当に貴重な機会を与えて頂きまして、ありがとうございました。
この輪がさらに広がることを、心より応援しております。

DSC_0238.jpg

DSC_0240_01.jpg


20110618_194605.jpg

一体何ができあがるのか・・・。

明日、その全貌が明らかに。

続く。
[ 2011/06/18 21:19 ] 広報より | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kariyushikitchen.blog15.fc2.com/tb.php/42-00021f0a