今日の出来事

今日お店のカウンターの中におりますと

近所の子供さん2名様がご来店

お店の前の街路樹、ホルトの木には

夏になるとセミが大量に鳴いています。

そのセミを取りにきているのです。

外は蒸し暑いので無理しないで

一休み&涼んでいってね~


と一声かけまして

私作業を続行してますと

いくぶん店内を気に入ってくれたらしく

いろいろと話を致しました。


最近の小学生が何で遊んでいるのか

ちょうど手持ちの玩具を見せてもらえたのですが

すごく面白い!!

球状に収納されたオモチャが

磁石つきのカードの上に転がると・・・

ピタッとくっつき、パラリと広がって

小さなロボットのような形状になるのです

それがカードゲームと合わさって

バトルを繰り広げるという、ものです。


すごいなあ・・・・


自分が子供の頃は、

手のひらサイズのカップ麺が

ロボットに変形するというものがあった気がします。

球状のものもあったかも。

でもカードゲームと合わさったり

磁石をつかって自動的に開く仕組みとか

アナログのオモチャもなかなか進化してるんだ~。



そんな話をですね

店員と小学生が木工店の片隅の床の上で日が暮れるまでしてる

のどかですね

黒板塗料を塗った板で算数の勉強も
(この黒板も、むら工芸製の手作り黒板だったりします。)

ちょっとしたお話でしたが、知らない世界を見ると刺激があります。

そして子供たちの未来がより幸せなものであるために

大人としてやるべきことをやりたいと感じました。
[ 2011/07/20 21:57 ] 広報より | TB(0) | CM(0)

改装!

ずっと前にブログに書いてから、少しずつ計画してきた
販売スペースの改装が

一気に進んで

20110719_180505.jpg

こんな感じです!!

お客様の受け入れ態勢を整えたいです!!
[ 2011/07/19 18:17 ] 広報より | TB(0) | CM(0)

近況報告です(6/25)

むら工芸の広報サポートです。



昨日から今朝にかけて

1105-00.png

石垣島のそばを台風が通過しました。

足が速く、強さもそこそこでしたので
一晩あけますと既に通過していたという感じの台風でした。

しかしその影響によって
石垣島の大きな音楽イベントである「うたの日」が中止となってしまいました。

楽しみにしていたのですが・・・

また多くの来島予定の方々にとっても残念な出来事となってしまいました。

でも、きっと悪いことばかりではないんで
前向きに進んでいきたいと思います。


この1週間、以前にオーダー頂いていたご注文の対応に
むら工芸は忙しく動いていました。

それによって新たな木工品ができあがりましたのでご報告致します。

blogDSC05943.jpg

まず、湯呑みです。

新しいデザインの湯呑み。
モダンであり、レトロさもある。様々な生活空間でも生きそうな、
間口の広い、不思議なデザインです。

※在庫がすでに切れてしまいました。次はいつ作るか未定です。
ごめんなさい。

blogDSC05957.jpg

そしてフォトフレームです。
ヤラブの木を抜く方法で作られました。
裏板、足まですべてヤラブの木で作り、何も飾っていない状態でも存在感を。
木の風合いを万全に生かすことにこだわりました。

ご注文を頂くことで、私たちは大きな機会を得ることができます。

新しい機構、方法、デザインを考えて吟味し
実際に作るまでに至ります。

むら工芸の背中を押し、進化する機会を与えて頂いています。

本当にありがとうございます!

すでにオーダーいただいている幾つかの木工品に
順次、取り掛かっています。
もう少しばかりお待ち下さいませ。


[ 2011/06/25 15:45 ] 広報より | TB(0) | CM(0)

写真をいっぱい撮ったので

動画風味にしてみました。

チェーンソーカービング2日目の写真です。

ぱらぱらマンガのような作り方なので
ときどき止めてもらえれば、写真が見れます。

目が疲れる可能性があります。

お気をつけになってご覧ください。

※PCから閲覧できます

[ 2011/06/22 18:13 ] 広報より | TB(0) | CM(0)

デイゴ再生プロジェクト@花と緑の石垣島~デイゴチェーンソーカービング1日目その②

今回都築氏がカービングを施すことになったデイゴの木は

登野城小学校の北面に並ぶ、デイゴの木々の1本となります。


デイゴ


端から順に枯死していったデイゴの木ですが、
樹幹注入により、食い止めることができています。

枯れた木は、生徒さんの安全に関わるため、
背丈ほどの高さで伐採されていました。

その中の東端、比較的樹幹の損傷の少ない木が
チェーンソーカービングに耐えることができました。

本日朝9時、現地到着。

突然の降雨に備えるためにテントを張り、

カービング時に出る木くずを拾うブルーシートを張ります。

DSC_0233.jpg


木に青いチョークで下絵を描きます。
立体彫像の仕組みは分かりませんが、このとき都築氏の脳裏には
この木から何が削りだされるか、めまぐるしくイメージが展開
している、のかもしれません。

DSC_0235.jpg


木を切ります。
枯れていく中ではありますが、まだ生きている木。
私たちの生活の側にある木を伐採するとき
塩を盛る、清酒で清める、など、今でも実際に行われています。
それは木に精霊が宿るという、
日本の文化に則するものかもしれません。
都築氏は両手を合わせカービングに臨みました。

そういえば、私が下宿していた家の裏庭の木を切ったときも
清酒で清め塩をまいてから切るということをしていました。

DSC_0236.jpg


本日のカービングに誘っていただきました、
デイゴ再生プロジェクトの皆様も開始を見守ります。
本当に貴重な機会を与えて頂きまして、ありがとうございました。
この輪がさらに広がることを、心より応援しております。

DSC_0238.jpg

DSC_0240_01.jpg


20110618_194605.jpg

一体何ができあがるのか・・・。

明日、その全貌が明らかに。

続く。
[ 2011/06/18 21:19 ] 広報より | TB(0) | CM(0)