スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チェンソーカービング in 台東

台東ゲート

台湾最大のデザインイベント
『台湾デザインEXPO』が八月二日から台湾東部の台東県で開幕し
この中で八日から十日までの三日間『石垣祭』が行われました。

石垣島を代表して中山市長をはじめアーティストや
大工哲弘さん率いるミュージシャンら、
総勢14名が参加しました。

Pokke104さんと台湾のイラストレーターNICさんによるコラボレーションによる
ライブペインティングやワークショップが行われます。

そんな中、

僕もチェンソーカービング実演で参加させて頂きました。



台東ステージ

上の写真は大工哲弘さんのリハーサル風景

初日は大雨で会場が急遽ホテル内で行われることに
なりましたが、大盛り上がり!!
さすがです。ぼくも慣れないカチャーシーで参加いたしました。

三日目のステージも月が大変美しくて
最高の思い出となりました。
素晴らしいミュージシャンと一緒にこの祭に参加できて本当に
幸せ者です。


この写真のリハ中

僕はカンムリワシの翼を彫っていました。

初日の作品は次の日の朝に石垣市長から
台東の美術館への贈呈が行われるので
焦りつつ準備をすすめます。


なんせ外国です。
頼んでいたエンジンオイルが謎すぎて
困っていたところ、
裏側に工房を構えている水さんが
スチールのエンジンオイルをわけてくださり、
なんとか彫り始めることができました。

水さんありがとう!!
心より感謝しております。

後で知ったのですが、
水さんは彫刻家として有名なお方でした。

作品も素晴らしいものばかり
工房のとなりに素敵な売店がありまして

文創東糖191

最終日にオイルのお礼に訪れたのですが、
素敵すぎて
毎日通いたかった・・・




カービング台東1


そんなこんなで初日の作品は夜に
なんとか完成しました。
それがこの作品です。




翼台東

無事に贈呈式も終わりました。

全く写真撮れませんでしたが。。



二日目は余裕があったので、
最後まで悩んでいたのですが、


竜を彫ることにきめました。

まだ一度も彫ったことがないのですが
台湾に滞在していたら
どうしても彫りたくなってしまったのです。

台湾には竜のモチーフがいっぱいありました。



幼い頃から竜が大好きで
よく絵に描いていました。

近所の神明社の竜の銅像をよく観に行ったものです。

なんとかなるだろう・・


やっぱり初めて彫るものは時間がかかります。
10日の夜ギリギリできあがりました。

危なかった。。

午前中はみんなと
博物館をどうしても観に行きたかったので
時間が本当にギリギリでした。

そしてできたのがこれ。

竜2


神竜の登り竜です。

台湾の皆さまにとても喜んでいただけました。

ありがとうございます。

今回初めての台湾滞在でした。
料理も美味しくて、
日本語を話してくださる方も大勢いて

とても親切にして頂きました。

スタッフの皆さま、
台湾の皆さま本当にありがとう!!

これからも精進いたします。



[ 2014/08/19 22:15 ] チェーンソーカービング | TB(0) | CM(0)

カウンター製作

ブログをしばらく怠けてしまいました。
この間にたくさんの仕事をさせていただきましたので
一部ですが紹介させていただきます。

まずは

”キジムナーの台所”

キジムナーの台所HP

料理を楽しむのも良し、ゆっくりコーヒーを楽しむのも良し。

ヤラブと琉球石灰岩のコラボカウンターです。



ヤラブカウンター2



ヤラブカウンター1

ちょっと土臭いヤラブを石灰岩が爽やかに中和していますね。




次は”884食堂”です。

がっつり食事も楽しめて
サイフォンで淹れた本格的なコーヒーもおいしいです。
夜はカフェバーのような感じ。
お酒がすすみます。

こちらは赤瓦古民家を解体したときにでた
古材とラオス檜のコラボレーションです。

884カウンター2

古材の泥臭さをラオス檜がスッキリ
モダンに中和しています。

884カウンター3

自動閉鎖のドアは古材をさらにエージング塗装でしあげました。
釘を抜いた後の穴が独特の雰囲気を醸し出していますね。


884カウンター1




次は"Bar Slur"

石垣市役所前のくらげ映像がインパクト大のバー
僕もよくここでお酒を楽しんでいます。
DJブースもあってイベントが開かれることも。


スラーカウンター2

カウンター、ボトル棚、トイレドアを制作させていただきました。

黒のモザイクタイル、LEDテープライト、無節の無垢材が
アーバンラグジュアリー感を演出しております。

スラーカウンター1


スラードア


どのお店も個性的で素敵なお店です。
石垣島にお寄りの際はぜひ
立ち寄ってみてくださいね!!
[ 2014/08/15 00:36 ] 木のインテリア系 | TB(0) | CM(0)

リハロウビーチ看板製作 Re:Hellow BEACH

石垣島の人気カフェ

”島野菜カフェ 
 Re:Hellow BEACH

看板製作の経過を報告したいとおもいます。




”島野菜カフェ リハロウビーチ”は
島野菜を使った料理を
キレイな海を見ながら
最高の雰囲気で楽しめる
カフェとして有名です。

ハレイワの看板をもとに
看板を造って欲しいと
オーナーシェフからの
ご要望がありまして、
ここ二週間ほど
製作にかかっておりました。



まずはラフスケッチから

re:hellow beach sign2


スケッチをもとに
材料を用意して、
材は杉を使いました。

出力&カーボン紙で転写します。


まずは字の部分を浮かし彫りしていきます。

re:hellow beach sign3



字の部分が彫り終わって
チューブの部分をジグソーを使って
切り抜きます。

re:hellow beach sign4

次は一番目立つサーファー部分の製作です。
上に材を足して彫っていきます。

細かい作業です。


re:hellow beach sign5

ハレイワの看板は
少しおばさんサーファーです

これには理由があるらしく
最初は美女サーファーだったらしいのですが、
何回も美女サーファー部分が盗難にあい
苦肉の策で盗まれにくいであろう
おばさんサーファーになったらしいのです。

この看板は本体部分とサーファー部分が一体で、
盗難もすくない日本ですから、
美女サーファーでいきたいと思いました。

ハイビスカス部分も仕上げて、
防腐塗料をぬります。


re:hellow beach sign1


白で下塗りをしたあと
いよいよ色をつけていきます。

re:hellow beach sign5


チョコレートみたいですね。


re:hellow beach sign6


どんどん色を着けていきます。


re:hellow beach sign7


塗り終わりました!!


遊び心でスワロフスキーピアスを着けてみました。
結構キラキラ目立ちます。

re:hellow beach sign8


いよいよ設置!!




じゃじゃじゃーん!!  


re:hellow beach sign9


イメージどおりにできて
とても喜んでいただけました!!

ありがとうございます。

たくさんのお客さんが記念撮影してくれそうですね!!

石垣島 カフェ ハレイワ看板 ハワイ むら工芸 島野菜


[ 2013/09/05 17:09 ] 看板 | TB(0) | CM(0)

giant trevally

ひさしぶりに
ロウニンアジを彫りました。

リュウキュウ松製です。

giant trevally

今回は彫刻の後ろ側にシャンデリアを
つけて
後光が差すようにしてみました。

いろいろ試行錯誤して・・

結果

こんな感じになりました。

giant trevally with light

飾るところによっては
海の中で泳ぐGTを観ているような
感じが味わえそうですね。
GTフィッシング フィッシャーマン ガーラ ジャイアントトレバリー
[ 2013/09/05 15:56 ] チェーンソーカービング | TB(0) | CM(0)

『ちろりん村』オープン!



今年の一月より

改装工事に関わっていた

竹富島のISLAND CAFE『ちろりん村』が

七月七日に

リニューアルオープンしました!



竹富島のちろりん村は昭和50年代より営業していた、

知る人ぞ知るお店です。

パーラーハジメとして
テレビドラマのロケに使われていた場所です。

ご存知の方も多いのではないでしょうか?

正面のシーサーはそのときに美術さんが
造ったものらしいです。
ドラマにも出ていたんですね。

写真を撮っていく方も多いです。






そんな歴史あるちろりん村の

改装に関われて本当に
ありがたいです!


外観はこんな感じです!

chiroringaikan

正面入り口です。


むら工芸はガラスサッシ、テーブル、

カウンター、ベンチ、いろいろな看板、ドアなど

たくさんの製作に関わらせていただきました。



chirorinkanban


ヤラブ製の総手彫りの看板が白い壁に映えますね!



chirorintatekanban

塩ビシートを使った
立て看板です。



wagiri_isu

大木から削り出した
マングローブっぽいスタンドテーブル
『UTSUGUMI』
天板は竹富島の形です。




man_table


シンプルなヤラブの輪切スツール



smoothie


八重山の新鮮なフルーツを贅沢に使った
スムージーが美味しいお店です。

竹富島に来たら
一度は訪れてみたいですね!

[ 2013/07/20 14:47 ] むら工芸の家具 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。